ラヴォーグの安さの秘密は光脱毛にアリ

光脱毛

ラヴォーグ光脱毛(ひかりだつもう)を採用した全身脱毛サロンです。


ラヴォーグの大きな特徴は安いことですが、それは光脱毛を採用していることで実現できている部分が大きいです。


光脱毛は、その名前の通り、光を照射して脱毛するものです。重要なのは光の熱です。


照射した光の熱で脱毛して行くという部分では、光脱毛とレーザー脱毛は基本的に同じ原理です。


光脱毛とレーザー脱毛は、基本的に同じ原理で脱毛して行くもので、脱毛機のカタチもとても良く似ています。脱毛サロンに何年も通っている人でも、光脱毛機とレーザー脱毛機を見分けられる人はまずいないでしょう。


光脱毛とレーザー脱毛は、どこが似ていて、どこが違うのか、解説します。


レーザー脱毛の方が歴史は古い

レーザー脱毛

脱毛施術方法としては、レーザー脱毛の方が歴史が古いものです。


光脱毛は、レーザー脱毛よりも後に登場してきたのですが、照射する光のパワーがレーザー脱毛よりも弱いという特徴があります。


光脱毛は、レーザー脱毛ほど高出力の光を照射しなくても脱毛効果は得られるのではないか?というアイディアから生まれました。


光脱毛が、レーザー脱毛よりも弱いパワーの光を照射することで得られるメリットは大きくは次の2つです。

光脱毛は医師法の規制を受けない

光脱毛とレーザー脱毛を区分するポイント、分岐点は、毛乳頭を壊すレベルのパワーの光を照射するかどうかです。


レーザー脱毛は、毛乳頭を壊すレベルのパワーの光を照射するため、医師法の規定を受けます。具体的には、医師が常駐する医療機関でないと取り扱うことができません。


これは脱毛施設の運営コストに大きな影響を与えます。医師と看護士が常駐している必要があると、施設の運営コストは非常に高くなり、施術料金も結果的に高額になってしまいます。


光脱毛は、医療機関でなくとも取り扱うことができるため、脱毛施設の運営コストを大幅に抑えることができます。これが施術料金の安さにつながっているわけです。

光脱毛は痛みが少ない

照射する光のパワーが弱いことで、光脱毛は痛みが少ない脱毛施術方法です。


肌・皮膚に対して与える刺激が、すなわち痛みですから、光脱毛は体への負担がより少ない脱毛施術方法と言えます。光脱毛を採用する脱毛サロンは、医療機関で無いため、麻酔を使うことは出来ません。ですので、現実的に痛みレベルを相当抑える必要もあるわけです。

光脱毛のデメリット

光脱毛にはデメリットもあります。絶対的な脱毛効果という意味では、レーザー脱毛の方が高いのは確かです。


レーザー脱毛を採用する医療脱毛クリニックは、永久脱毛と呼ぶことが可能ですが、これは「そう呼ぶことができる」ということであって、そこまで気にする必要はありません。(定義上の永久脱毛は、一か月後の再発率が20%以下の脱毛施術、ということになります)


こうした定義はまた別の問題として、レーザー脱毛の方が脱毛効果が高いのは事実ですが、料金面と効果を考え合わせると、光脱毛で十分と考える人は多く、だからこそ光脱毛を採用する脱毛サロンが人気を集めている状況です。


脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違い

最後に、脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違いをご説明します。


レーザー脱毛を採用するところを、医療脱毛クリニックとか、単に医療脱毛、脱毛クリニック、などと呼びます。「医療〜」「クリニック〜」という呼び方が含まれていたら、レーザー脱毛を採用する医療機関だと考えておけばよいです。


光脱毛を採用するところを、全身脱毛サロン、脱毛サロン、あるいはエステ脱毛などと呼びます。「サロン〜」「エステ〜」という呼び方が含まれていたら、光脱毛を採用する、医療機関では無い脱毛施術を行うところと考えておけばよいです。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 松山店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!